書籍のつくり方・基本編:「組版(データ化)」でやっていること

活版から写植、そしてDTPへ

整理された原稿をもとに、印刷所が文字や図版などの要素をページ内に配置して誌面をつくり上げていく作業を組版と言います。

もともとは活版印刷の用語です。活版印刷では、文字を一文字ずつハンコのようにした「活字」を、専門の職人が原稿を見ながら一文字ずつ拾い上げ、それを文字どおり「組む」作業をして、印刷するための版をページ単位でつくっていったのです。なお、活字を拾い上げていく作業のことを「文選」、拾われた活字を専用の型の中に配列し組んでいく作業のことを「植字」と言います。

その後、写真植字(写植)や電算写植による組版システムが隆盛を極めましたが、現在ではパソコンの普及により、DTP(Desktop Publishing:卓上出版)のレイアウトソフトを使用した組版が主流になりつつあります。しかし、和文の組版能力に今一つ弱さがある、和文と数式の混ざったページをうまく処理できない、希望するフォントがDTPに対応していない、といった理由から、電算写植がまだまだ利用されているケースは少なくありません。

組版は熟練工のものから、より手軽に一般に

活版印刷の組版や電算写植システムの操作には、言うまでもなく特別なスキルが必要です。習得には時間を要し、またそれゆえに熟練工ならではの高度な技術も存在し、美しい組版にはそれに依存し支えられていました。もちろんDTPソフトもそう簡単に使えるようになるものではありませんが、パソコンの普及によってハードルは下がってきています。

グーテンブックの自動組版システムでは、Microsoft Wordの原稿ファイル中で見出しを指定していくだけで、DTP組版に勝るとも劣らないクォリティの結果を得ることができます。Microsoft Wordの「スタイル」や「アウトライン」の機能は、原稿執筆において、全体構成を意識しながら書く上でとても有用なものですが、これらをそのまま書籍データへと変換して使用することができるのです。スピーディでコスト圧縮、しかも仕上がりは綺麗、と言うことがありません。

このようにデジタル技術を活用し、手をかけなければいけないことはかけ、いい意味で手を抜けるところは手を抜くことで、出版をよりカンタンで身近なものにしています。

株式会社masterpeace|出版とマーケティングを「コンテンツ」で切り拓く

専門性あるコンテンツの「伝える・届ける」をお手伝いいたします。