BOOKS300応援募集プロジェクト「書籍『なぜパパは10日間の育休を取れないのか?(仮)』を出版したい!」

2021-02-16

育休をとるもとらないも、自分で選択できる社会をつくりたい

悩んだパパママのリアルな声が、未来のパパママがしあわせになるきっかけに

プロジェクトWebページ「書籍『なぜパパは10日間の育休を取れないのか?(仮)』を出版したい!」

プロジェクトに込めた想いや最新の活動報告、実際に応援してくださった方々から届いたメッセージをご紹介しております。想いに共感していただける方からの応援、現在も受付中です。

 

オンライン教育研修支援サービス「good.learning」サービス資料

応援はこちらから

 

■このプロジェクトについて

このプロジェクトは書籍化前に企画内容を一般公開し、応援してくれる人を300人集められたら出版が決定するBOOKS300プロジェクトとして活動しています。

 

BOOKS300(ブックスさんびゃく)サービス紹介 

 

 

■「書籍『なぜパパは10日間の育休を取れないのか?(仮)』を出版したい!」について

男性が育休を取得する、ということがなかなか難しい社会。

そもそも「子どもが生まれたら育休をとっていい」という発想自体、持っていないパパがたくさんいる。

そんな育休と家族をとりまく状況に課題を感じたパパたちが、リアルな声を1冊の本として届けることで、1組でも多くのパパママたちの背中を押すきっかけづくりをするべく活動中です。

 

 

■プロジェクト起案者はこんな方

 

 

■プロジェクト状況

応援300人達成!(2021年1月11日時点)

最新の応援者数の数字はこちらからご覧ください。

 

プロジェクトWebページ「書籍『なぜパパは10日間の育休を取れないのか?(仮)』を出版したい!」

プロジェクトに込めた想いや最新の活動報告、実際に応援してくださった方々から届いたメッセージをご紹介しております。想いに共感していただける方からの応援、現在も受付中です。

 

オンライン教育研修支援サービス「good.learning」サービス資料

応援はこちらから

 

日本各地にいるパパママがオンライン上で繋がりながら、現在執筆・編集を進めております!

直接顔を合わせることなく1冊の本を作り上げる、というのも新しい出版の形かと思いますので、ご興味を持っていただけましたらぜひその出版の過程ものぞいてみていただけると幸いです。

書籍の出版は2021年春頃を予定しております。

 

■メディア掲載情報

・東京新聞(朝刊)/東京すくすく(Web)

 https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/work/40786/

 

■関連URL

・プロジェクトWebページ『なぜパパは10日間の育休を取れないのか?(仮)』

 https://peraichi.com/landing_pages/view/343h6

・Facebookグループ「育休の書籍を出版するまでの過程がのぞけるサロン」

 https://www.facebook.com/groups/1065247913975178/

成川 献太さんnote

 https://note.com/narikawa

・事例記事『「育休パパたちによる育休本出版プロジェクト」はなぜうまくいったのか?』

 https://www.masterpeace.co.jp/column/papaiku/

・2021年4月30日、Amazon他ストアにて書籍発売が決定いたしました!

 https://www.amazon.co.jp/dp/4909288724

 

プロジェクトWebページ「書籍『なぜパパは10日間の育休を取れないのか?(仮)』を出版したい!」

プロジェクトに込めた想いや最新の活動報告、実際に応援してくださった方々から届いたメッセージをご紹介しております。想いに共感していただける方からの応援、現在も受付中です。

 

オンライン教育研修支援サービス「good.learning」サービス資料

応援はこちらから

 

お問い合わせ

お仕事のご依頼、お問い合わせ、その他ご相談はこちらからご連絡ください